インターホン交換で防犯|必見!防犯に優れたインターホンの種類や機能性について|excellent interphone.com

新しいインターホンへ交換しよう

玄関先でチャイムが鳴っても、誰が訪ねてきたかわかりません。古いインターホンは、ドアホンといって通話だけの機能のみです。カメラが付いていないので、訪問訪問者の姿が見えず不安です。カメラ付きインターホンに交換すれば、安心です。交換は意外にも時間がかかりません。新しいインターホンへ交換してみましょう。

インターホンで防犯対策

実は空き巣がチャイムを鳴らしている可能性もあります

空き巣は、家の中に入る前に事前に下見をしています。下見で行うことは、まずチャイムを鳴らして家の中に人がいるかどうか確認をしているそうです。よく、家のチャイムが鳴ったけど、ドアを開けたら誰も外に居なかった経験はありませんか?配達員の間違えか子供のいたずらかと思うかもしれませんが、実は、空き巣がチャイムを押している可能性があります。

古いインターホンについて

最近では、来客の顔を確認してから、ドアを開ける人が多くなっています。これは、防犯意識が高くなっているからです。その為、古いインターホンは、通話だけしか付いていない機能が多かったり、画像は、映るけど範囲が範囲が狭かったりするので、新しいインターホンへ交換希望する人が増えています。

最新インターホンへの交換

現在、使っているインターホンがあれば、カメラ付きインターホンへの交換は、配線を利用するので、1日で工事は完了します。最新のカメラ付きのインターホンは、左右や上下に、広範囲で映像を映すタイプなので、身を隠している空き巣や、背の低い人でも顔が確認できるようになっています。

貸貸マンションでも取付可能

賃貸マンションでは、管理組合や不動産を通さなければ、新しいインターホンへの交換は、難しい場合もあります。そんな時は、玄関先へ引っ掛けるタイプのワイヤレスモニターカメラがあります。無線なので、配線を引く工事は必要ありません。機能としては、チャイムの音で反応して、自動で画面が表示されます。

インターホン交換で防犯

男女

泥棒の姿

泥棒が、昼間に空き巣へ入る場合、スーツの格好や工事の作業員などの格好をしてることが多いです。住宅街へ紛れ込み、インターホンを鳴らして人が居るか確認をしています。また、普段着を着て住民に紛れ込むことが多いので、普段見かけない人が居たら、挨拶程度で良いので声をかけてみましょう。泥棒は、声を掛けられたり、顔を覚えられたりすることを非常に嫌がります。

泥棒が行う下見ポイント

泥棒は、空き巣に入る家を決めたら、1週間住んでいる人の行動パターンを調べます。来客が訪問する時間、留守になる時間、朝起きる時間、夜寝る時間を徹底的に下調べします。2人以上で行う複数犯の場合は、見張りを立てます。普段、見かけない人が、家の周りを頻繁に徘徊してるようであれば、気を付けましょう。

留守の確認

泥棒は、人が居るか居ないかを確認する時は、必ずインターホンを押します。住んでいる人と鉢合わせをしたくない為です。また、カーテンが開いているか、郵便物は取られているか、窓ガラスに石を投げて人が居る確かめてみるなど、さまざまな状態をみて留守かどうか確認をします。